2017/04/24

盛岡で逃げ腰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:桜井啓太
盛岡駅、フェザンのスタバより

今日は盛岡に来ています。

3月も来たのですが、そのときは日帰りだったので弾丸ツアーでした。カメラと三脚2台ずつ持っていったので、身体がとても疲れました。

その反省を踏まえ、今回は前後2泊することにしました。昨日と今日泊まっていくことになります。


↑昨日食べた駅弁です。

せっかく盛岡に来たのだから…と、今日の夜はこっちに住んでいる友人と飲む予定です。正直、どのお店がいいとかはさっぱりわからないので、完全に店選びを友人に委ねる予定です。

先週、また別の岩手出身の人に「盛岡駅近くでいいところないですか?」と聞いてみました。そしたら「焼肉しかない」とか言ってました。

前回は直行直帰だったので駅周りを全然見ていなかった。今回ホテルに行くまでの間に見えた範囲では、ぜんぜん「焼肉だけ」ってことはないじゃないですか。その方は厳密には盛岡市ではなくて久慈市出身です。だから分かんなかったのかもしれない(笑)

昨日は夜1人でした。だから1人でどっか行くしかないわけで、でもせっかくだから盛岡っぽいお店に入りたい。こっちに来るまではそう考えていたんです。

だけど都会暮らしが長いからか、「知らないお店に一人で突撃」ということができなくなっていました。東京に住んでたら、割とチェーン店が多いじゃないですか。それにずっと住んでいるから、いい店や悪い店が分かる。

特に今回は一人です。「まあこの人と一緒だったからいいか」みたいな割り切りが通用しない。

「あんまりおいしいお店じゃなかったら嫌だな…」

「一見さんお断りみたいな、常連しかいない店だったら居づらいだろうな…」

「ぼったくられたらどうしよう」

こういうふうにマイナスのことばかりしか考えられなくなりました。地域が変わるだけで、リスクを強く感じてしまうんですよね。

結果どこへ行ったか…。近くにあったココイチです(笑)

いやいや、ちょうどカレー食べたかったし…

ということではなく、怖気づいたからです(笑)

知らない店に入るって、これだけのパワーがいるもんなんですね。

社長さんたちと話していると、みなさん「新規集客」に興味があることが多いです。ですがお分かりの通り、新規集客は難しい。

新規ってことは1度も行ったことがない。ということは、今回私が感じたような「心理的な壁」をお客さんも感じるということです。

だからこそ、事前に情報はきちんと伝えないとダメですし、割引なりしてあげないと難しいんですよね。それはどんなに良い店であっても同じです。

PS
今日は友人と一緒だし冒険してみようと思います。

関連記事

コメントを残す

*