2017/04/27

ジャニーズ好き嫌いランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:桜井啓太
恵比寿のオフィスより

今週の週刊誌は「ゴールデンウィーク合併号」です。来週はお休みみたいですね。

週刊文春を読んでいたら、「好きなジャニーズ嫌いなジャニーズ」という特集が組まれていました。

こういうアンケートは信憑性がどうなのかっていつも思いますが、今回は文春読者にメルマガで聞いてみたらしいです。解答総数3500超。

まあ昨今のニュースを踏まえて、「元SMAP勢が飛び抜けたり凹んだり」しそうというのは想像がつきます。

気になる結果は…

まず嫌いなジャニーズから。1位はキムタクでした。

これはすごく分かる気がします。昨年のSMAP解散騒動では、けっこう悪者にされていました。「自分本位」だとか、他のメンバーに責任をなすりつけたとか…。

そういう意見が正しいかどうかはわかりません。でも、ファン側の気持ちとしては仕方ないんでしょうね。

ちなみに私は完全にSMAPを見て育った世代。ちょうど私が小学生くらいでSMAPがデビューして、そこからずっと見てきました。好きな曲は「心の鏡」ですかね。あの頃聞きまくって、今でも耳に残っています。

あとキムタクはやばいイケメンだと思います。なんていうか、普通のイケメンじゃないです。いや、そんなことわかってるかもしれませんけど、とにかく私にとっては別格なんです。

一方、好きなジャニーズ1位は中居くんでした。

これも分かります。やっぱりSMAP解散騒動が大きいんですかね。何とかメンバーをまとめようと最後まで頑張っていた、そんな印象がありますね。

それでここから本題なのですが…

好きなジャニーズ2位がキムタクなんです。

え、「嫌い」の方で1位なのに…と思うかもしれません。嫌いなのか好きなのかどっちやねん、と感じるかもしれません。

でもね、これってある意味当然なんですよ。

マーケティングやセールスコピーの世界では、「とある1人『だけ』が絶対に買うプロモーション」というのが求められているんです。それを100種類つくれば100個売れる。1000個つくれば1000人に売れるというだけです。

漠然と、「100人くらいが興味持つんじゃないかな〜」というメッセージでは、結果0個しか売れません。

見込み客は、「あ、これって自分のことじゃん!」というメッセージ強く惹かれます。つまり、ある特定の人に刺さるメッセージであればあるほど、他の人には刺さらなくなります。もしかしたら「アホくさ」とまで思われるかもしれない。でもそれでいいんです。そういうメッセージのほうが優秀だからです。

キムタクが「嫌いで1位、好きで2位」というのは、一見矛盾しているようにみえます。しかしそれは、それだけキムタクが「とがっている」ということの証でもあります。

というか、有名になればなるほどアンチは増えます。それは仕方のないことなんですから。

もしあなたがビジネスをやる上では、一部のアンチを気にしてはいけません。「全員に少しずつ気に入られるような商品」をつくっても、1つも売れないのです。

関連記事

ステマ禁止令

From:桜井啓太 恵比寿のオフィスより アメリカの話ですが、ステルスマーケティングに規制が入りつつ

記事の続きを読む

コメントを残す

*